暗夜行路の主人公。近代の知識人の苦悩の象徴。現代人にはこの種の苦悩は無いように見えてもっと深まっている。そしてこの後謙作が辿る運命は、知識人としての宿命として良いパターンになっている。

謙作は二階に火を入れさして、久しぶりで机に向かった。彼は長い間怠っていた日記をつけ始めた。
ー何か知れない重い物を背負わされている感じだ。気持ちの悪い黒い物が頭から被かぶさっている。頭の上に直ぐ蒼穹はない。重なりあった重苦しいものがその間に拡がっている。全体この感じは何から来るのだろう。

    • 日暮れ前に点ぼされた軒燈の灯という心持だ。青い擦硝子の中に橙色にぼんやりと光っている灯が幾ら焦心った所でどうする事も出来ない。擦硝子の中からキイキイ爪を立てた所で。日が暮れて、灯は明るくなるだろう。が、それだけだ。自分には何者をも焼き尽くそうと云う欲望がある。これはどうすればよいか。狭い擦硝子の函の中にぼんやりと点ぼされている日暮れ前の灯りにはその欲望がどうすればよいか。嵐来い。そして擦硝子を打破って呉れ。そして油壷を乾いた板庇に吹き上げて呉れ。自分は初めて、火になって燃え立つ。そんな事でもなければ、自分は生涯、擦硝子の中の灯りでいるより仕方ない。
    • 兎に角、もっともっと本気で勉強しなければ駄目だ。自分は非常に窮屈だ。仕事の上でも生活の上でも妙にぎこちない。手も足も出ない。何しろ、もっともっと自由に伸びりと、仕たい事をずんずんやって行けるようにならねば駄目だ。しどろもどろの歩き方でなく、大地を一歩々々踏みつけて、手を振って、いい気分で、進まねばならぬ。急がずに、休まずに。--そうだ、嵐を望む軒燈の油壷では仕方がない。
    • 或る処で諦める事で平安を得たくない。諦めず、捨てず、何時までも追求し、その上で本統の平安と満足を得たい。

夜中に部屋で恋愛小説を読みながら、妻のことを思う。妻のことを想って、何度も失恋したみたいな気分になる。
ラスコーリニコフみたいに地面に頭も手も投げ出して、すべてを彼女に委ねて、自分の存在を消し去ってしまいたい一歩手前くらいまで来ている気がする。
何がきっかけだったかよくわからない。妻の美しさに突然気づいた。表現力の鍛錬を怠っているのが祟る。愛の行き先に文字を選べないならそれはもう行き先がなくなってしまう。

東京プリズンと英語

少し前に日本マイクロソフトのde:code 2015というイベントに参加した。キーノートの一部は白人の英語で、会場には同時通訳機が配布されていて、皆が日本語翻訳の音漏れで迷惑だった。
キーノートの英語というのは、言う人もうまいし、シンプルにしてるのでとても聞き取りやすい。これさえも日本語にしないと理解できない日本人というのが悲しくなった。
その後英語オンリーの少人数セッションに出た。参加者が定員の30名にはるかに満たず、スピーカーの白人がさみしそうだった。おまけに日本人は質問タイムにもダンマリを決め込む。
こちらの英語もだいたい聞き取れた。英語学習の効果が実感出来て来て大変うれしい。
その後研修者的なポジションの人のセッションに出た。オブジェクト指向は死んだこれからは関数型言語だという話はありきたりだけれどオブジェクト指向の死因がスキル伝達性の低さにあるという指摘は面白かった。
オブジェクトレベルは人ごとに大きく異なり、オブジェクト指向言語はオブジェクトと関係は規定するけどその外側が無いから人によって全く違う書き方になりうる。その結果、誰にも教えることができない職人技化しやすいと。
そんなのは関数型言語のモジュールを使いましょうという話だった。誰かが証明を書いてくれているということがどれだけすごいか考えてみろと。

赤坂真理の東京プリズンから引用

『ピープルの、ピープルによる、ピープルのための、政府』、民主主義は、そのために人が戦って死んだんじゃない。あまりにたくさんの人が死んだから、創られる必要があった。そしてピープルはまとまった。そしてそういう神話はピープルの中から出てこなければ、ピープルが腹の底から望んだ神話でなければ、生き延びないし、人びとも生きられないのよ……死んでしまう、死んでしまう、私たちは死んでしまう。日本人は。神話がない。アメリカのくれた神話はいいものではあったけど、それでは長くは生き延びられない、私たちはそのとき、どうするの?私たちは死者に何をしたんだろう、私たちは死者の上に住んでいるのに、死んだ人にどんな栄誉を与えられた?もう戦争は繰り返しませんと呪文みたいに言うこと?あれが過ちだったと言うこと?では過ちのために死んだ人はどうなるの?死んだ人が徹底的に無意味だ。あんなにたくさんの、死んだ人たちはどうなるの?

ここでいうアメリカがくれた神話とは日本国憲法のこと。日本の憲法ソースコードは何で書かれているか?英語ですと言われて小学生達は何て思うだろうか。
日本語の憲法が英語の文書の翻訳だと日本国民全員が小学生で習っていたなら、私たちは何になれただろうか。
赤坂真理サンの指摘はものすごい。そうか、私たちってもう長くは生きられないのか。

去年のgoogle ioの1セッション
ここでは韓国人と日本人がスピーカーをしている。この二者の英語レベルを見ると日本人の本質がよくわかる。
ruby confのMatzサンのkeynote
彼もずいぶん長いこと英語を勉強している様子。

これまでに英語でまともなスピーキングが出来る日本人を見たことが無い。私たちはもっと理解しないといけないと思う。私たちの国の憲法は英語で書かれている。私たちは長くは生きられない。
私たちはもう日本人の皮をかぶるのをやめないといけないんじゃないだろうか。

sizeofは先進的すぎる

Hacker News経由。sizeofの不思議な挙動が話題になっていた。
Humans should think of sizeof() as a function, says Linus Torvalds (lkml.org)

でもsizeofを関数として扱えというのも微妙で、ちゃんとoperatorとして扱うのが正解じゃないかな。
sizeof operator

サンプル
int main(){
int a = 0;
printf("%zu\n", sizeof (a) + 1);
printf("%zu\n", sizeof (a + 999) + 1);
}
この二つは両方とも出力は5になる。これでもsizeofを関数として扱えというのは無理がある。

cの世界にあってこのsizeofは飛び抜けたセンスを光らせていて、引数に型と式を受けることができる。
カッコをつけると型として扱われるからカッコの中で+999なんてやっても無視される。(ビルド警告さえ出ないのはひどい)
考えようによってはsizeofはc唯一のジェネリック関数であって超かっこいいのかもしれない。
名前も珍しく普通に読める。returnとかmainなどと共に数少ない良質な名前だ。sizeだけじゃなくてofがついているのも近未来的。

一番ひどいのはリーナスで

I don't want you writing kernel code.

とキツイニュアンスで相手の人格を全否定に入っている。こんなことを言われた人の気持ちも大切であろう。

ところでsizeofの戻りはsize_tだけど、それをprintfするときに%zを使うべきなのだそうだ。
how-to-print-size-t-variable-portably

‘z’ was introduced in ISO C99. ‘Z’ is a GNU extension predating this addition and should not be used in new code.

こういう不毛なことを避けるためにもリーナスはさっさとLinuxをRustで書けよと誰か言ってやって欲しい

自分の書いた過去の記事を読むとなんとも恥ずかしいものだけど、恥ずかしさを我慢してみれば気づくことがある。それは記事に何の普遍性も広汎性も無くて凡庸チンパンジーということだ。でもその記事がもはや誰のために書かれたものでもなくて、自分のためだけに書かれたものだと見れるようになる。文章を書くことが普遍性を獲得することは難い。しかし日記というものは普遍性をハナッから拒絶しているからこそ自重性があるかもしれない。僕は過去の僕にお礼を言いたい。

病院の待合で老人たちの末席に連なったおかげで驚くほど読書がはかどった。「行人」を読了した。漱石はむしろ「こころ」に「行人」とつけるべきだったし、「こころ」の方がよっぽど「行人」だろうと思う。
「行人」の白眉はこの一文であろう。
「噫々(ああああ)女も気狂(きちがい)にして見なくっちゃ、本体は到底解らないのかな」
妻の魂の純潔を疑う一郎の溜息である。
女を妻とし、嫁とし、孕ませ、生ませ、それでもまだ女の心はわからない。宮台がいうにナンパの経験を重ねていくと明らかになることは確率問題だということである。女というものは、一定の確率のもとで、ナンパに陥落するのである。妻だろうと母だろうと女子高生だろうと。
この確率はパラメータを変えることでいくらでも高められる。アルコールを摂取させる、ドラッグを用いる、金を積む、身なりを保つなど、いくらでも成功することができる。
ドラッグをつかえば女はさぞきちがいになるだろう。そうなってみれば本体だというのであれば、それはビッチとしか形容できないものを指すしかなくなる。限りなく透明に近いブルーでも黒人兵とドラッグを打ってセックスしまくるビッチ達の描写が凄まじい。まるでコンセントじゃないか。人間という規格さえ守ってればあとは何でも繋がって流れるわけだ。
相手との性行為を欲求する性質というだけがこころではない。動画サイトで登壇する人妻たちは貧困がそうさせるのである。こころは貧困と結びつきやすい。
こころとはマネジメントの結果である。外部制約と内部欲求の間で選択された己がこころなのだ。
現代人には一郎のような疑問が不問である。女の本体など明らかなり。それでもやはりこころを求めてしまうから不思議である。
「行人」の終盤には「神」とか「所有」という概念が出てくる。一郎は妻を殴ったとも話す。殴ったのに抵抗しないからこころが掴めないのだと嘆く。蟹を見てそれは君の所有だという。こころが無いから所有だと。所有するとは神になることだととれる。一郎は妻の問題をとっかかりにして神の問題を見ていたようだ。これには同意である。僕も女性探究者の端くれである。でもそれは特殊問題ではなく神という一般問題につながっていることに気づいてきた。太宰がイエスのことばかり想っていると言いつつ女性と寝てばかりいたのは太宰の良心である。
男は女を研究することで神に近づけるが女は一体何を研究すればよいのであろうか。